夢を潤わせる仕事について⓵

2020年01月21日 20:33

皆さんこんにちはこんばんはおはようございました!
只今
うーん、うーんと悪夢に魘(うな)され
目覚めたところで御座います、あー嫌な夢だった。で何の夢を見てたのかは憶えてないです。

まぁ、私は悪夢を良く見るので慣れてしまってます。特に夕方に仮眠すると、金縛りになったり悪夢を見たりして汗💦だくになって目覚めると言う、今は冬なのであまり汗をかいてないですがこれは習慣的な出来事かも知れません。

それはさて置き、本題に参ります。
大道芸人は夢を売る商売ですね!と良く言われます。そう聞いて悪夢ばかり見てる私が夢を売るのはなんだか悪夢を売り飛ばしてるようで、、
些か気が引けるのですが。

子供達がリアルに存在している大道芸人のオジサンを目を輝かせながら見てくれてる訳ですから
いつも一生懸命にパフォーマンスして期待に応えれるようにしています。

しかし
天候が悪かったり、
そもそも人通りの少ない場所だったり、 
それと所詮は大道芸人ですので時にはお客さんが非常に少ない状況でパフォーマンスをする事もあります。

こう言う状況では、殆ど期待値(投げ銭)は稼げないですが、子連れのご家族が
「ここで大道芸をしてるって聞いてやって来ました!」と言われると

私も「それでは!ちょっとだけ待ってて下さいね」とそそくさと準備してパフォーマンスを始めます。

流れ良く!面白く!飽きさせず!
と行きたいところですが、天候や現場状況によってかなり苦戦する事も時々あります。

最後の決め技までやり遂げる頃には自然と人集りになって大道芸が成立してる場合もありますが、お客さんが最後まで1家族だけのような場合は
本当に大丈夫だろうか?と正直な話し自分が不安になって来ます。 

でも、こう言う場合にこそ自分とその見て下さってるご家族を信じるようにしています。

そう言う時はこう出ます
「今日はスペシャルキャンペーン中で何々さんご家族の貸切ですよ!」とかなんとか言いながら最後まで演じ切ると大変喜ばれます。

確かに他のお客さんも沢山居た方が盛り上がるのは間違いないのですが、少ないお客さんでも自分が盛り上がれるかどうか?

これが大切だと思っています。この辺りが40代を超えてまだ大道芸人を続けてる人の余裕かも知れません。、       WWW。

子供達は何か変なオジサンが凄え技しよる!!ってワクワクしながら見てる、そのご家族にもう二度と会う事は無いかも知れない

大道芸人は一期一会の機会に全力で臨むのが望ましく、人が居ないから出来ないなどと言う言い訳は私には通用しないと言う事実をそのご家族に突きつけてやるのです!!??
合ってますかね?これ?この熱弁?

まぁ、そう言う状況に強い大人の姿勢を子供達にも見て貰いたい訳です。そうそう、でも自分のテンションの匙加減は重要だと、感じてます。
分量を間違えると滑るだけ滑りシラケるだけシラケますので。(経験者はかく語りき)

私の場合、夢を売ると言うより夢を潤わせるほうが得意なのかも知れませんです、?
なので鉄板ネタの体験コーナーにも力を入れてます。

体験コーナーについてはまた記事をエントリしときますね!部屋が寒くて手が悴んで来たのでまた書くことにします。


長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

前のページ
ネット弱者救済?
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)